アスファルト城間のブログ

MENU

真上から良い感じに写真を撮りたいと思って、スライディングアームを購入した時の話

よくブログのアイキャッチ画像でも使用されますが、真上から撮影している良い感じの画像を、自分でも撮りたいな〜と最近思うようになりました。

 

こういうやつです。

f:id:shiroma7777:20170624161618j:plain

 

f:id:shiroma7777:20170611144328j:plain

 

 

f:id:shiroma7777:20170624161603j:plain

 

こういう上から撮影する方法を俯瞰撮影と呼ぶようです。
一回、自分でも撮影してみるとわかると思いますが、これがめちゃくちゃ難しい!

 

ただ単に上から撮影しているように見えますが、どうしても自分の足や三脚の足が入っちゃうんですよね。

 

どうやったら、こういう撮影する事が出来るんだろうと思って調べみると、ある撮影道具を使用する事で、それっぽく撮る事が出来るようです。

 

その名もスライディングアーム!

amazon楽天でも色々と調べてみましたが、あまりスライディングアームを販売している会社が無いっぽいですね。笑

 

確かに、万人向けのアイテムでは無いのでそれも無理もありません。

 

その中でも良い感じのやつを2つ発見しましたので、ご紹介いたします。

 

①Velbon マルチアングルユニットV4-unit

 

ネットのユーザーの反応を見る限り、この手のタイプではこの商品を購入する人が多いみたいですね。

特徴は可動式ハンドルによるエレベータースライドが付いてるところで、ぐるぐる回す事で、滑らかにスライダーが前後するようです。

俯瞰撮影だけではなく、スライダーとしても一役買いそうなアイテムですよね。

ただ、1点問題があって、前に飛び出る部分が20cmしかありません。

最大に伸ばしたとしても、うまく俯瞰撮影できるのかな?っていう不安が残りました。

そういうわけで、結果的に下記の商品を購入しました。

 

②SLIK 雲台アクセサリー スライディングアーム 2

このスライディングアームは、Velbon V4-unitと違って、エレベーター式稼働ハンドルは付いておりませんが、最大で40cm伸びるアームが決め手となりました。

価格もこっちの方が安いし、俯瞰撮影に特化するならこれだなと思いました。

 

商品開封から使用の様子

注文から2日からぐらいで到着しましたね、さすがAmazon先輩。

実際の商品がこちら!

f:id:shiroma7777:20170624163602j:plain

 

三脚に取り付けるアイテムと言えど、やっぱり商品を開ける時はワクワクしますね!!

材質はアルミっぽい感じで、よっぽどの事が無い限り、曲がったりはしなさそうです!

 

実際に三脚の上に取り付けて早速、撮影を開始してみました! 

f:id:shiroma7777:20170624171130j:plain

 

f:id:shiroma7777:20170624163834j:plain

 

画像を見て気付いた方もいらっしゃると思いますが、アームの後ろ部分に白いビニール袋を取り付けております。

これは何かというと、錘です

この錘がないと、カメラの重さのせいで前に傾いてしますんですよね。

前方と後方の水平を保つために錘は欠かせないのです。

 

ちなみに、中身はこれを入れてました。

f:id:shiroma7777:20170624164102j:plain

(もう少しで満杯になりそうなので、この中身を両替した話はまた次回のブログか、Youtubeのどっちかに挙げたいと思います。笑)

 

 

ちなみに、撮影対象物として、それっぽいのを置いてみました。

 

f:id:shiroma7777:20170624164342j:plain

1.グレゴリーバックパック

2.Mac Book Air13インチ

3.M-AUDIO KEYSTATION32

4.MPCTOUCH

5.Sonyモニターヘッドホン MDR-CD900ST 

6.ウェアラブルカメラ HDR-AS100V

 

そして、撮影したのがこんな感じです。

f:id:shiroma7777:20170624165030j:plain

 

俯瞰撮影をする中で難しいと感じた所は下記の通り

1.水平を取るのが意外に難しい。(前のカメラと後ろの錘のバランスに苦戦しました)

2.どうしても影が映ってしますので、照明を上手く使う必要がある。

3.真上感を出したかったが、三脚の足が映ってしまうので、何度も撮り直しをしました。(良くを言えば、50センチぐらいのアームサイズが良かったですね。)

 

今回で大体のコツは掴んだので、次回はもっと上手に撮影する事が出来るかな・・・!?笑

 

俯瞰を撮影したいと思ってる方は、是非スライディングアームの導入を検討されてみてはいかがでしょうか^^?

 

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました!

アスファルト城間のYoutubeチャンネル↓↓

 

 

twitterもやってます↓↓

MPCを使ってビートメイクしてみたい!!購入するか迷っている人は参考にどうぞ!

言わずと知れた、ビートメイク専用機器!!「MPC」

 

カテゴリー的にはサンプラーと言われるもので、簡単に言うとどんな音でも取り込んで好きなようにイジる事ができる音楽機材って感じですね。

 

www.youtube.com

 

サンプラーを開発している企業はいくつかありますが、その中の一つにAKAI Professional社(AKAI Professional Keys & Pads)という企業があり、そこの看板商品が「MPC」と言うわけです。

 

結構意識して見ると、色んなMVや雑誌などにちょこちょこと出てきますよ!

 

今は私もビートメイクする際はMPCを使用していますが、それも1年ぐらい前からの話で、実際に購入するまでには結構時間を要しました。

 

その一番の理由としては、MPCの価格です。

 

現行上位モデルを購入する場合、普通に10万円以上するので、中々購入する勇気が出ませんでした。。

 

それなら型落ちタイプのモデルを購入しようと思っても、製造販売を終わってるものがほとんどで、結果的に高値がついてしまってるものが多いんですよね。

 

ですので、ハード機器のMPCを購入する前に、「あるもの」の導入をお勧めします。

 

気軽に導入できる!MPCアプリ「iMPC Pro」

 

私はたまたまipad miniを持っていたので、それにインストールして使っていました。

 

 

 アプリにしてはちょっと高く感じるかもしれませんが、実機のMPCと比べればこんなもん安いもんです笑

気軽にサンプリングもできますし、普通に高性能だと思います。

 

ちなみに使った感じはこんな感じ。

 

メリットとデメリットについても記述しておきます。

 

メリット

・安価でMPCの構造を理解する事ができる。

スマホに入っているiTuneの音楽をそのまま引っ張る事ができるから便利

ipadにはスピーカーが搭載されているので、そのまま音が出る。

 

デメリット

・MPCみたいにパッドを叩くわけではなく、画面を触るという感じなので、何だか物足りない。

・やっぱり普通のMPCに比べれば機能は当然落ちる。

ipadに負荷がかかりすぎるのか、突然アプリが落ちる時がある。

 

まとめ

上記の内容をまとめますと、MPCの購入を悩んでいる方は以下のプロセスが無難かなと思います。

 

①とりあえずiMPC PROをインストールして使ってみる。

②1か月ほど使ってみて、MPCの構造を理解し、なおかつトラックメイクの興味が下がらない事を確認する。

③iMPC Proに物足りなさを感じたら、ハード機器のMPCの購入を検討する。

 

「MPCを購入したけど、全く使わなくなった」ってならないためにも、慎重に購入を検討する事も大事かなと考えます^^

 

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです!

最後までご覧頂きありがとうございました!!

アスファルト城間のYoutubeチャンネル↓↓

 

 

twitterもやってます↓↓

 

 

 

外でビートメイクするために、必要な機材を洗い出してみた!!

 

前回の記事に書かせて頂きましたが、今後はビートメイク+アウトドアというテーマを軸に動画を更新していく予定です。

 

前回の記事はこちらから↓↓

asphalt-shiroma.hatenablog.com

 

私の場合は、ビートメイクしている様子を映像としても撮っていきたいので、ある程度の準備物が必要になってきます。

もう既に準備した機材から、今から揃えないといけないものまで、自分の頭を整理する上でも、下記に記載していきたいと思います^^

 

必要な機材たち

まずはMPCLIVE周りから!

 

①データを記録するためのSDカード

MPCLIVEでは、USB以外にもSDカードも使用する事ができます。

USBを差すよりも、SDカードの方がスマートでしょという事で、下記の商品を選定。

 

②MPCLIVEのタッチパネルの保護シート

 

保護シートが最初から付属されてたらいいのですが、当然付いていないので購入する必要があります。

液晶のサイズが7インチなので、それに合うフィルムであればなんでもいいと思います^^

100均のアイテムよりは、少し背伸びしてという事で下記の商品を選びました。

item.rakuten.co.jp

 

 

③MPC LIVE専用のバッグ

私は恐らく購入しないとは思いますが、お金があったら買いたいではあるな〜・・。

ただ、機能的に良いものであってもデザインがあまり良くないんだよな〜。。

何かおすすめあったら教えてください!

 

 

 

④MPCLIVE用のスタンド

必須ではないけど、あったら役に立つであろうアイテム。

当分はちょっとしたテーブルなんかで代用すると思いますが、

お金に余裕があれば欲しいな〜。。

ただ欲を言えば、もうちょい背丈が小さいのが欲しいですね。

 

 

⑤MPCLIVEのOUTO端子とカメラのマイク端子を繋ぐケーブル

MPCLIVEから出された音を直接カメラに送りたいので、このケーブルは必須になります!長さは念の為、長めに5mを選びます。

 長さは、1.5mと3mもあるので、お好みで!!

 

⑥カメラ三脚

三脚はいくつか持っていますが、外用の三脚も持っていた方がいいと考え、新たに購入しました。

あくまで定点用として使うので、安くてそこそこ良いのを買おうと思い、amazonベーシックの商品を購入。

 

 amazonベーシックの魅力は何と言っても安い。

結構色んな商品を取り扱っているので、オススメです!!

 

 

必須な物からあれば助かる物までをパッと上記に書いていました。

まぁ動画を撮影していく上で、他にも色々と出てきそうなので、その都度更新していきたいと思います^^

 

ちなみに、ビートメイク動画は下記のチャンネルで配信していく予定です!!

www.youtube.com

 

今後ともチェック宜しくお願いたします^^

アスファルト城間のYoutubeチャンネル↓↓

 

twitterもやってます↓↓

 

 

 

 

 

 

ついにMPC LIVEの発売決定!今後の展望について書いてみた

やっと…!

やっと!!

MPCLIVEが6/23(金)に日本でも発売されることになりました!!

 

 

当初は春頃の発売という事でしたが、、、

まぁそれも水に流すぐらい凄く嬉しい朗報でしたね^^

 

私は既にMPCTOUCHというモデルを持っていますが、どうしてもこのMPCLIVEを手に入れたかった。。。

 

なぜなら、「ある事」をやりたいという夢があったからです。。。。

 

外でビートメイクをしたい・・・! 

f:id:shiroma7777:20170611125847j:plain

多くのトラックメイカーさんの場合は、部屋の中やスタジオなどで楽曲を制作していると思います。

もちろん、現時点では私も同じです。

 

ただ私の場合は、音楽の他に「映像」をプラスしたコンテンツも制作したいという欲求もありまして、ずっと悶々とした生活を送ってました。

 

そんな中、彗星のごとく現れたMPCLIVEという存在。

このMPCLIVEは、「ハードそのものでトラックメイクができる(PC環境が必要ない」「リチウムイオン充電池が搭載」という持ち運び専用機と言っても過言ではない大きな特徴があります。

 

上記の理由から、私には買うという選択肢しかありませんでした。

(高いからもちろん躊躇はしましたが・・)

 

そんなMPCLIVEがついに、今月手に入るという訳ですから、興奮せずにはいられません。

 

今後のどのように運用していくかという事を、ちょこっと書いていきたい思います^^

 

ビートメイク+アウトドア

先程も触れましたが、ビートメイクと聞くと室内で行うイメージがあると思いますが、私はあえて外で行っていきたいと考えています。

 

イメージとしては、ビートメイク+アウトドアっていう感じです。

海外では結構やっている人はいるみたいで、Youtubeにもちょくちょく動画が公開されていますね。

f:id:shiroma7777:20170611123951p:plain

f:id:shiroma7777:20170611123957p:plain

f:id:shiroma7777:20170611124001p:plain

 

映像があるだけで、こんなにも音楽がスって気持ちよく入ってくるもんなんだ・・・。

そう思うと自分でも同じようなコンテンツを作ってみたいと思い始めました。

 

私は沖縄に住んでいるという事もあり、幸い自然にも多く囲まれています。

きっと沖縄の海とか景色も映像で見てみたいという人もいると思うんで、音楽をプラスする事で、より面白い映像を視聴者に届ける事が出来るんじゃないかと思った次第であります・・!

 

ただ、外で行うにあたって必要な機材やちょっとした小道具も必要になってくるので、それはまた次回のブログに書いていきたいと思います!

いや〜本当に楽しみだ!!

 

MPCLIVEの詳細が気になる方は、下記のリンクよりご確認ください^^

 

www.otaiweb.com

 

 

最後までご覧頂きありがとうございます!!

アスファルト城間のYoutubeチャンネル↓↓

 

twitterもやってます↓↓

 

 

 

「何となくやっても、それなりに良い動画を作る事ができるレッスン講座!!」を試験的に行ないます!

動画編集に関するお問合せを受けて!!

 

前々からちょくちょくお問合せを頂くのが、「どうやったら動画編集をする事ができますか?」という内容。

基本的にはSNSのメッセージを使って返答をしておりますが、やっぱり文書だけでは中々伝える事ができません。。

それだったら、「YoutubeでHOW TO動画などを配信して対応したらいいのでは?」と思いそうですが、受けて側が実際にどの情報を必要としているかわかならいので、意外にアプローチとしては弱いんじゃないかな~と思ったりもしてます。。

※実は過去に下記のイベントを行なっており、その時の課題が上記のものでした。

asphalt-shiroma.hatenablog.com

イベントやセミナーなんかを開催しても同じ事が言えそうなので、どうしようかな~と思ってここ数日間悩んでいました。。

 

それで行き着いた答えが題名にもあります通り「個人向けのレッスン会」を行なおうと思っております!!

 

しかも、マンツーマン!!!笑

需要があるかどうかはわからないのですが、直に要望や質問を受け取る事ができるので、一度は試してみてもいいんじゃなかな~と思った次第であります。。

 

それで考えたプランはこんな感じです!

 

「何となくやっても、それなりに良い動画を作る事ができるレッスン講座!!」

◇費用
6,000円(出張費込み)

※レッスン終了後にお支払いをお願いいたします。

※試験的な導入のためしばらくは上記の価格ですが、今後は価格を改定する可能性もございます。

◇レッスン時間
2時間(延長を希望する場合には1Hごとに1,000円)
◇場所
どこでも行きますので、場所はお任せいたします(沖縄県内のみ対応)
◇条件
①PCをお持ちの方
(出先でレッスンを受けたい場合には、ノートPCを持参できる方)
  ②レッスンを受ける前に、Final cut pro xのソフトをインストールできる方
(Final cut pro xはMacPCにしかインストールする事はできません。)
お 問 合 せ :shiroma7777@gmail.comまで

 

条件、①と②をクリアできる人っていうのはそんなには居ないと思いますが、動画を1から学びたいとお考えであれば、いずれは必要になってくると思うので、この機会に揃える事をおススメいたします!

 

またFinal cut pro xについては、体験版もAppleストアで提供しておりますので、この機会に試してみるもありだと思いますよ^^

www.apple.com

 

 

動画編集のレッスンだけではなく、もし希望があれば「Youtubeのチャンネル運営の仕方」や「プロモーション方法」なども併せて教えることも可能です!

 

動画編集のセミナーや講座などは、県内ではそこまで行なわれていないので、この機会に是非挑戦してみませんか^^


お気軽にお問合せください!

 

それでは最後までご覧頂きありがとうございました!

 

 

アスファルト城間のYoutubeチャンネル↓↓

 

twitterもやってます↓↓

 

 

 

アスファルト城間のプロフィール

プロフィール

f:id:shiroma7777:20170529194833p:plain

(2017年5月29日現在)

簡単なプロフィールを下記に記入させて頂きます!

 

名前:アスファルト城間

出身:沖縄県

年齢:29歳

職業:会社員

趣味:ラップ、ビートメイク、動画編集

性格:思い立ったら、すぐ行動!ただそれが故に、行き過ぎた行動に落ち込む事も

   しばしば・・・

将来の夢:起業すること

 

Youtubeを通して得た経験

 

2012年 6月 
友達に披露宴の余興をお願いされることになり、その時をきっかけに

動画編集を勉強する。(それと同時にYoutubeのチャンネルを開設)

 

2012年10月
地元西原町をテーマにラップを歌った「にしはら音頭」の動画を作る。

(最初の頃は反応無し)

 

2013年 3月 

1年ごしに、西原町の役場の方から反応があり、西原町教育委員会

 共同で、「SAWAFUJIマーチ」の楽曲を制作

 

2014年  4月 

ダーツの旅のパロディ動画「日本列島ダーツの旅 in沖縄県西原町」を 制作する。

(この動画をキッカケにちょっとずつ知られるようになる?)

 ⇒2017年5月現在 107,979回

 

2014年 5月 

サザエさんラップ~アンダーグラウンドver~を制作

 ⇒2017年5月現在 248,935回

 

2016年 8月 

沖縄のYoutuberのトークイベント「Okinawa Youtuber Create plus!」を自主企画(チケット完売)

 

 

2016年 9月    

ビートメイクを中心としたチャンネル「BeatCream」を開設!

新たな視聴者層を狙う。

 

アスファルト城間のYoutubeチャンネル↓↓

 

twitterもやってます↓↓

サンプリングの集大成!!「加山雄三の新世界」が素晴らしすぎる!

最近は仕事の関係上、iTuneのHIPHOPのランキングを良く見るようにしているのですが、いつものように1位から順にバーッと見ていると、たまたまある作品を見つけました。

それが加山雄三の新世界」という作品

 

続きを読む