アスファルト城間のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

言葉をあえて使わない、Youtubeチャンネルの策略

 

今回はYoutubeに関する記事を書かせて頂きます!

 

当然ですが、皆さんに質問です。

皆さんはどんなYoutubeチャンネルをご覧になっていますか?

 

 

 

ガジェット系、バラエティ、HOW TO系、音楽系、その場面に応じて色んなカテゴリーの動画をご覧になっているかと思います。

 

その中で、「言葉を使用していない動画」というのを見たことはありますでしょうか?

 

恐らくあまり無いのではないでしょうか。

 

言葉があることで、より視聴者に情報を届けることができるのは言うまでもありませんが、一方で「視聴者が絞られる」という側面もあります。

 

言葉を使用すると、ユーザーが一気に絞られる

 

理解できない言語(例えばここでは英語とします)が頻繁に使われてる動画ってよっぽどの事がない限り見ないですよね??

 

それは海外の人も同じで、日本語がわからない人は、当然日本語が使用されている動画は見ようとは思わないはずです。

 

ただし、言葉を使用せず「見ただけで楽しめる」動画というのは、人種を通りこして多くの方に見てもらえます。

 

動物系の動画が人気あるのも、このことからも言えますよね!

 

 

病院の待合室の出来事・・・

 

ここで少し、最近経験したことをお話しさせてください。

 

病院の待合室で順番待ちをしている際に、僕の前に4歳ぐらいの子が居て、iPadを片手に動画を見ていました。

 

ふと、どんな動画を見ているんだろうと思って、チラッと覗いてみると、その子は「おままごと」の動画を 見ていました。

 

 パッとしか見れなかったので、チャンネル名までは確認できませんでしたが、恐らくこのチャンネルだと思います。

 

www.youtube.com

 

 

AAAjokenさんは子どもを対象にしたYoutubeチャンネルでは、ダントツの再生回数を叩き出しております。

例えばこんな動画です。

 

www.youtube.com

 

おもちゃを使っておままごとしている様子を動画に撮っているというシンプルの内容ですが、隅々までこだわっていて、大人でもつい見とれてしまいます。

 

ちなみにこの動画は再生回数が7000万回を超えています。

 

 

動画の構成や小道具のクォリティが高いというのも人気の秘訣だと思いますが、私は「言葉」を使用していないところも大きく関係していると思います。

 

日本人だけではなく、世界の人達も取り込む!

 

動画のコメント欄を見ていると、日本人だけではなく海外の方達のコメントも多く存在しています。

 

言葉に頼らず、見て楽しめるというコンセプトが上手くハマった証拠だと思います。

 

またAAAjokenさんは、子ども達だけではなくこんな動画で大人のファンも獲得しております。

 

www.youtube.com

 

 

ワイドショーとかでもちょくちょく取り上げられていたので、見たことある人もいると思います。

 

おままごとのさらにレベルが高いバージョンとでもいいましょうか。

 

実際に調理しているというところが凄いですよね!

 

おわりに

 

さていかがだったでしょうか??

あえて言葉を使わないで、見るだけで楽しめるようにコンテンツを作り出す。

 

そうする事で、世界中の視聴者をターゲットにする事ができます。

 

そう考えると、凄く可能性を秘めていて、何だかワクワクしてきませんか!?

 

ちなみにですが、私もそんな動画作りを目指しており、メインチャンネルの他に下記のYoutubeチャンネルを運営しております!!

 

www.youtube.com

 

この動画では主にビートメイク動画をメインに配信しており、言葉を一切使用しないというコンセプトのもとに作っております。

 

まだまだチャンネルの規模は小さいですが、今のメインチャンネルよりも大きくなる可能性を秘めていると感じております!

 

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました!

アスファルト城間でした!

 

 

アスファルト城間のYoutubeチャンネル↓↓

 

twitterもやってます↓↓

 

 

広告を非表示にする