アスファルト城間のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

【前編】Youtubeのイベントを自主開催した時の話

Youtubeのイベント企画??

 

Youtubeで活動していると、ありがたいことに視聴者の皆様から感想や質問など多く頂きます。

 

 



その中で動画制作に関する質問は特に多く、なるべく答えるようにはしていますが、文書での返答になりがちで、日頃から申し訳ないな~と思っておりました。


その時ふと、「直接、視聴者の方と接触する機会があればもっと役に立てるのではないか」と考え、昨年の8月に「Okinawa Youtuber Create Plus!」というイベントを開催しました。

 

f:id:shiroma7777:20170417192608p:plain

 


内容としては、沖縄で活動するYoutuberをゲストに向かえ、Youtubeで培った経験やノウハウをトークライブ形式に提供するといったものでした。


その際、ゲストとして多くのファンを持つ「ハイサイ探偵団」さんと「はま」さんにオファーさせて頂き、イベントに挑みました。

www.youtube.com



www.youtube.com

 

 

心強いメンバーが揃ったことで、イベントに弾みがつき、いよいよここから本格的に始動していくことになります。

Youtuber×告知

 

今回、このイベントを実施するにあたり、Youtubeと告知を上手く絡めるという事をかなり意識していきました。

 

ただの宣伝だと逆に視聴者が引いてしまうので、私の場合は告知専用のラップを作りました。

 

www.youtube.com

 

 

ハイサイさんの場合はドッキリ企画動画、はまさんにいたっては独自で展開している「ALL ABOUT YOUTUBE」内で、イベントの事を取り扱って頂き、それぞれのカラーを上手く出して告知をして頂きました。

 

 

ハイサイさんの動画↓↓

www.youtube.com

 

 

はまさんの動画↓↓

www.youtube.com

 


Youtuberが集まったらこんな風に色々と展開できるんだな~と、新たな気付きになりました。

 

ここまで幅広く展開をしてるんだから、上手くいくでしょと思っていた矢先、ここからが結構大変でした・・・・。

 

イベント告知を定期的にするも、苦戦

 

ただ、これで上手くいったら苦労はしないですよね。笑

 

今だから言いますが、一時期イベント集客に凄い悩んでいました。

 

というのも、今回のイベントは無料ではなく「有料」

 

その事もあってか、中々チケットが動かず、正直「この企画は失敗か?」とまで思いました。

 

ただそれでも私は「有料」という部分にこだわり続けました。

 

 

価値に近づけるという事

 

イベントの入場料を無料にすることも、やろうと思えばできたかもしれません。

 

ただ、僕は少しでもこのイベントにお金という「価値」を発生させたかった。

 

「タダだったら行こうかな」じゃなくて、「少しお金を払ってでも行きたい!」

 

そう思って頂ける様なイベント作りをしたかったからです。 

 

 もちろん、お金を取るからにはそれに見合ったイベント作りは必須になってきます。

 

だからこそ、色んな工夫が生まれたり、よりクォリティを求めていくんだと感じます。

 

 

Youtubeという常識をぶち壊す!

 

ちゃんとした意味を持って「有料」にしたとはいえ、チケットの動きは正直あまり良くありませんでした。

 

それもそうですよね。

 

だって、普段Youtubeで動画を見ることは

「お金もかからない」

「好きな時間に見れる」

「どこでも見れる」の3拍子。

 


今回のイベントは

「お金がかかる」

「決められた時間にしか見れない」

「会場まで行かないといけない」

と言った間逆の性質を持つからです。


ただ私はだからこそ、このイベントを開催したかった。

 

私の中ではYoutubeというのは「方法」であって「目的」ではない。

少し乱暴な言い方をすると「どんなに人気のあるYoutuberであっても、それはYoutubeの中だけの話」

 

大切なのは、Youtubeを利用してそれをどう次の展開に発展させていくか」という事だと、私は常々思っております。

 

そういう信念みたいのがあったので、常識にとらわれないこの「Okinawa Youtuber Create plus!」をどうしても成功させたかったのです。

 

 苦難を乗り越えイベント1週間前には完売


ハイサイさんやはまさんの告知も手助けして、何とかチケットを完売することができました。(販売枚数は40枚限定)

 


他のイベントなら、チケット1枚500円というのは安く感じるかもしれませんが、先ほども言ったように、Youtubeという無料で手軽なコンテンツから派生したイベントに、価値を感じてくれたという事はホントに凄い事だと思います。


小さな1歩かもしれませんが、Youtubeの枠を超えたと思える瞬間でしたね。

 


それではいよいよ、当日のイベントの様子を次回のブログでお話したいと思います。


最後までご覧頂きありがとうございました!

 

アスファルト城間でした!

 

アスファルト城間のYoutubeチャンネル↓↓

 

twitterもやってます↓↓

 

 

 

広告を非表示にする